簡単スピードキャッシング即日で安心できて来店不要のオススメは?

できるキャッシングWEB

2016-11-16_10h43_46

カードローン審査関係

カードローン審査基準とすぐにお金を借りる方法って?

投稿日:

はじめてのカードローン審査です

カード?ローン?審査?・・・

などと言う言葉を聞くと初めて借入検討している方は、心臓の動悸がすごいと思われますが(私がそうでした)、銀行カードローンに対して不安を抱えている人は少なくないはずです。

銀行カードローンについて書いていきますので、不安を解消されてください。そしてあなたの生活に少しでもこの記事が役立てば幸いです。

基本的には、どの銀行でも保証人は不要とされていますが、審査があるので、それで落ちてしまうと、カードローンを受ける資格がありません、当然申し込みは却下されてしまいます。

考えれば分かる事ですが、返すあてのない人に銀行だってお金を貸す事は出来ませんから、本当に返せなく無収入でお金を必要としている人にはサービスを利用することはできないと言えるでしょう。

カードローンの審査基準の大事な所は、安定した収入がないといけませんということです。審査は年々厳しくなっており、フリーターや定職についてない人は、審査基準に満たない場合があるので通らないケースが多いです。

逆に言うと安定した収入があればOKなのです。

また、他からの借入金額など審査について各社、細かいところもありますので、いくら審査基準を調べたところで、

『あなたが借りることができるのかは、申し込みしてみるまでわかりません』

審査基準よりも大切なのが、どこから借りるのかです。

まずは、名前を聞いたことがあって、大手で安心でき、すぐに借りるところにに申し込みをするべきです。

安心できる大手の銀行系から申込をして、もし審査に通らないようであれば、他の消費者金融系を検討してみると良いでしょう。

各社細かい審査基準は色々あるのですが、

基本としてカードローンの審査基準は、この2点がクリアできていれば大丈夫です。

  1. 安定した収入のある方
  2. 年収の1/3以上を借入していない方(2.は消費者金融系のみ)

この2点に問題がなければ、下記のカードローンに申し込みして問題ありません。

Contents

まずはカードローンとは何かをおさらい

まず最初にカードローンというのは、大きくわけて2種類に分かれます。

ひとつは、主に銀行がおこなっているカードローン。次に消費者金融がおこなっているカードローンという2つがあります。

違いは消費者金融系は総量規制があるということです。銀行系は総量規制はありません。

総量規制=年収の1/3以上は借入できない。

銀行カードローンについてですが、どの銀行でも口座を開くと、カードローンが組めるサービスを提供してくれます。

そしてその時に指定した枠内であれば、ATMやCD(キャッシュディスペンサー)などを使用し、お金を借りる事が出来るというサービスというものがありました。

しかし、上記の銀行カードローンは口座開設不要で、平日であれば午前中に申し込みすると午後には、持っている口座に入金してくれる銀行カードローンです。

個人事業をされている方が、銀行カードローンを使って事業をはじめようと考えている人もいるようですが、事業用にお金を借りる事は出来ない仕組みになっています。

定められたカードローンの審査に通ることで初めて利用できます

審査に必要なもの
銀行のカードローンは、定められた審査に通ることで初めて利用できます。

銀行カードローンに審査がある理由は、お金を融資する際に、融資される側に支払い能力があるかを確認するためです。

例えばサラリーマンのように勤務先があり、毎月決まった報酬があるなら、返済で滞ってしまう可能性が低くなりますから、融資側もお金を融資する際のリスクを減らすことができます。

また融資する額も支払い能力に合わせて増減することができるようになります。

カードローンの審査基準の大事な6項目

居住形態・家族構成
銀行カードローンの審査は申込書に記載された情報に基づき進められます。

対象となるのは、

  • 年収
  • 勤務形態
  • 勤続年数
  • 居住形態
  • 居住年数
  • 家族構成

などの情報です。

年収

利用希望者の年収によって、カードローンは融資できる額が変わってきます

例えば、100万円の融資を受けたい人の年収が300万円であれば、生活上必要な経費などを除いてある程度の支払い能力があるとみなされるかもしれません。

しかし、年収に見合わない額を借り入れようとした場合は、支払い能力がないと判断されることもあります。

勤務形態・勤続年数

勤続年数の長さによって融資可能かどうかが決定されます。

定期的な返済がちゃんとできるかどうかは、勤務形態や勤続年数で判断されるからです。

安定した月給がある公務員が有利なのは言うまでもありませんが、パートやアルバイトといった勤務形態だと安定性という面から不利になることがあります。

また、正社員でも職を転々としているようだったり、勤続年数が極端に短かったりする場合は借り入れできない可能性があります。
パートやアルバイトでも勤続年数が長いと、その実績が買われて審査が通ることもあります。

居住形態・居住年数

持ち家か賃貸かという点も審査基準に含まれます。

もし返済ができなくなったときに差し押さえることができるため、融資に関しては持ち家があることが有利に働きます。

しかし、賃貸だからダメということもありません。

賃貸の場合、現在住居として使っているところに長い間住み続けているかどうかが重要視されます。
あまりに居住期間が短かったり、引越しが頻繁に行われていたりする状態だと、返済せずに逃げられることが疑われるので借入できないケースもあります。

賃貸物件に住んでいる場合は、1年以上の居住実績がボーダーラインとなることがほとんどです。

家族構成

既婚者の場合、家族を養っている観点から信用力が高くなる傾向があります。

反面、養わなければならない家族がいるということは、生活上必要な経費が独身者よりも多くあるという見方をされることもあります。

子どもがいる場合は、いない場合よりも家計の出費が多いと判断され、返済能力が低いと予測されたりします。

銀行カードローンの審査基準を知っておくと、申し込む前に自分が融資を受けられるかをある程度把握することができます。

カードローン審査に通るには

審査に通るかどうかを判断するのは
カードローンの審査に通るかどうかを判断するのは、融資するカードローン会社です。

審査基準は非公開ですから、具体的な判断基準を知ることはできませんが、インターネットなどでカードローンを利用している人たちの口コミを参考にすると、審査に通る目安が見えてきます。

ポイントになるのは、勤務形態年収勤続年数居住形態です。

勤務形態

アルバイトよりも定職に就いているほうが審査に通りやすくなります。

アルバイトでも申し込めますが、融資額が減額される場合があります。

年収

融資額が大きくなければ年収が低くても融資を受けられる可能性があります。

また銀行カードローンの場合、総量規制の対象外となっていますので、年収の3分の1という基準が適用されません。

つまりある程度年収を得ている場合は、それだけ高額の融資を受けられる可能性も高くなります。

勤続年数

長く勤めていれば勤めているほど、転職のリスクが低くなるため、安定した収入を得ていると判断されます。

返済能力があると判断されるので、融資を受けられる可能性も高くなります。

居住形態・居住年数

銀行カードローンの審査では、居住形態は賃貸よりも持家のほうが融資を受けやすくなります。

しかし、賃貸であっても安定した収入があれば融資を受けられる可能性が高いため、それほど心配する必要はありません。

ただし、引越しを繰り返していると融資を受けにくくなるのが現状です。

加えて居住年数も重要です。

同じ家に長く住み続けていると、安定した生活が送られているという証明になり、社会的な信頼が上がるため融資を受けやすくなります。
短期で引越しを繰り返している場合は、融資を受けにくくなります。

1年以上の居住実績があれば問題ないとされているので、住んで日が浅い場合は1年待つ必要があります。

カードローン審査手順はカードローンを運営する会社による

sinsa-img09

銀行カードローンを申し込むと、銀行カードローンを運営する会社による審査が進められます。

審査は主に書類上の審査になりますが、会社ごとの定められた手順に従って進められていきます。申し込み書類には、氏名や年齢、住所、勤務先や年収などの情報を記入し、その情報を元に返済能力があるかどうかの審査が行われます。

本人確認

まず、住所と本人確認が行われます。

住民票や健康保険証、運転免許証などの住所や本人が確認ができるものの提示を求められ、書類と誤りがないかなどが確認されます。

勤務先確認

勤務先の確認作業も行われます。

通常匿名で銀行カードローンを申し込んだ人の勤務先に電話をかけて確認を行います。

在籍確認を行うことで、勤務先に誤りがないかを確かめて、審査を続けていきます。

年収については独自の審査が行われますが、確実に融資を受けるために収入証明を添付するとよいでしょう。希望融資額によって、収入証明が求められない場合もありますが、融資額を増やしたい場合などは必要になります。

他社の融資を受けているかどうか

これまで他社の融資を受けているかどうかについての調査も行われます。

融資を受ける際には、信用情報機関に情報が登録されます。

カードローン会社は登録されている情報を照会し、融資可能かどうかを判断します。

確認作業がすべて終わり、融資可能であることが決定されるとカード発行手続きに入り、書留でカードが手元に届けられ、カードローンを利用できるようになります。

カードローン審査の在籍確認 - 虚偽の情報を記載して申し込みをたくらむ人もいるため

虚偽の情報を記載して申し込みをたくらむ人もいるため
カードローンを申し込むと、ローン会社は融資可能な人かどうか独自の審査基準に基づいて審査を行います。

審査には勤務先の在籍確認という作業があります。これはカードローンを申し込んだ本人が、申込書に記載した会社に勤務しているかを確認する作業のことです。

在籍確認の方法

在籍確認があると、「カードローンを申し込んだことが会社にわかってしまうのでは・・・・」と心配するかもしれません。しかしながら、実際のところそれほど心配はありません。

カードローン審査の在籍確認は、ローン会社を名乗らずに架空の取引先やクライアントなどを装って勤務先に連絡を入れることで行われます。たとえば「○○会社のものですが、担当の○○さまはご在籍ですか?」といった形です。

応対する事務員や受付の人も特に怪しむことなく答えることができるので、すぐに調査が完了します。

カードローン会社からお金を借り入れることが勤務先にバレる前に自分から言ってしまおうとして、電話の応対をする人に「カード会社から電話がかかってくるかもしれない」と一言伝える人もいますが、基本的にそういった心配する必要はありません。

もし事務員から、「今日あなた宛てに電話がありましたよ。」と言われた場合も、「そうですか、わかりました」と答えるだけでよいでしょう。
その時点で銀行カードローン審査の在籍確認は終わっています。

在籍確認が取れなかったら?

在籍確認が取れない場合は、審査に通ることは難しくなります

融資を断られたり減額をさせられたりといったこともあります。

中には虚偽の情報を記載して申し込みをたくらむ人もいるため、このような措置が取られます。

インターネットでカードローン審査は大丈夫?

sinsa-img12

カードローンの種類によって、インターネット上でカードローンの申し込みができます。

気になるのは審査ですが、インターネットでの申し込みでも所定の審査が行われ、審査に通るとカードが発行されることになっています。

インターネットで審査が行われる流れを知っておくと、これからカードローンを申し込もうとしている人も、参考にすることができるでしょう。

インターネットでの申し込みの流れ

1.申し込みフォームに必要事項の入力

インターネットで銀行カードローンを申し込む際には、ホームページ上にある所定の申し込みフォームから必要事項を入力します。氏名や年齢、住所、生年月日、勤務先、勤続年数、居住形態などです。

年収についても今の年収を正直に入力します。

2.本人確認証明・所得証明の提出

融資希望額によって所得証明書源泉徴収票の添付を求められる場合があります。この場合はスキャンした画像を添付するか、郵送で送付します。

本人確認書類についても同様です。本人確認書類には、自動車運転免許証健康保険証住民票などがあります。

3.カードローン審査

申し込みが完了すると、カードローンの審査が行われます。審査は入力した内容に従って行われますが、申込用紙による場合と同様に信用情報機関を通じて支払い能力などの情報を照会行います。

1時間もかからずに審査が完了する場合もあり、即日融資可能な場合もあります。

すぐにお金を必要とする時にも便利に使えるのがインターネットによる申し込みです。上手に利用すれば、生活をもっと楽しく充実したものにすることができます。

 

カードローン審査で失敗しない方法

審査に通るためにするべきこと
カードローンを利用したいと思ったときに心配なのが、審査に通るかどうかということです。

年収が低かったり、パートやアルバイトなど、雇用形態が正社員でなかったりした場合はなおさら不安になるところです。

そこで今回は、審査に通るためにぜひ注意しておきたい点を紹介します。

融資可能額のシミュレーションをしてみる

銀行カードローンの審査で失敗しないためにまずできることは、融資可能額のシミュレーションをしてみることです。

インターネット上の銀行カードローン申し込みサイトでは、現在の収入勤務形態を入力することで、どの程度の融資を受けられるかがわかるコンテンツが用意されている場合があります。

もし自分が申し込みたいと思っている銀行カードローンのサイトにこのコンテンツがない場合には、他社のコンテンツで試してみることができます。

公共料金などの支払いに遅延がないようにする

銀行カードローン審査で失敗しないために、公共料金や携帯電話料金などの支払いに遅延などがないようにしておくことも大切です。

そういったものに滞納などがあると、社会的信用度が落ちるため、審査に通りにくくなる原因となってしまいます。

携帯電話やスマートフォンを分割で購入する場合、割賦契約を結び、信用情報機関に登録されることになりますので、仮に遅延や支払いの滞りが起こると、その情報が信用情報機関にも登録されることになり、ローン審査にも影響しますので、十分注意する必要があります。

また複数のカードローンを申し込むと審査に通りにくくなります。

記載内容は事実を記載する

審査で失敗しないために他にできることとして、必要事項記入欄を正しく埋めることです。年収は源泉徴収票に記載されている事実をそのまま記入し、勤続年数についてもこれまでの経歴を正しく書くようにしましょう。

年収欄に嘘の収入額を書いてしまうと、審査に通らないどころか、今後カードローンが利用したい際にも通りにくくなる可能性があります。

カードローン審査と総量規制

総量規制とは

総量規制とは借り過ぎによる破綻を防ぐため、カードローンなどで個人の年収の3分の1までに制限する制度のことです。

総量規制の実施により、これまで年収を大幅に上回る借入ができていた人でも、借入金額が制限されるようになりました。

具体的な例を挙げると、年収500万円の人の場合、借入上限額は年収の3分の1の約170万円までに規制されます。そのため、300万円の借入をしたいと思っても、自動的に借入ができなくなってしまいます。

銀行系カードローンも総量規制の対象?

個人の借入金額に制限が設定されたものの、銀行系カードローンは総量規制の対象から外れているため、審査に通ることで今までと同様、一定額までの借入ができます

銀行カードローンを申し込む場合、収入証明書の提出が必要になりますが、総量規制の対象外となるため、年収の3分の1を超える融資を受けることもできます。

審査によって判断は異なりますが、審査で認められれば、総量規制分を超えて借入することができるので、いざというときの出費をしっかりと賄えます。

収入証明書はどうしても必要?

収入証明書がどうしても必要になるのか知りたいという人がいますが、融資額によっては収入証明書が必要ない場合もあります。

例えば、上限50万円までであれば証明書が不要で、銀行系カードローンの所定の審査にパスすれば、融資を受けられる事になります。

アルバイトやパートタイムの場合、この方法で銀行系カードローンの審査を受け、融資を受けることも可能です。

ただし、複数のカードローンを契約している場合は審査に通りにくくなるため注意が必要です。

カードローン審査で即日融資

sinsa-img14

カードローンのなかには、申し込んでから審査の承認がおりるまでや実際に借入できるまで、しばらく時間が必要なものもあります。

カードローンは即日借入可能?

銀行カードローンを利用する人の中には、できるだけ早くお金を借入れたいという人もいます。即日で審査が完了し融資を受けられるカードがあればそれを利用したいと思われるでしょう。

銀行カードローンの種類によって、即日審査、・融資可能なものがあります。申し込み方法は、窓口ローン契約機インターネットのホームページがあります。

必要書類

申し込む際には、審査に必要な確認書類をあらかじめ用意しておきます。運転免許証などの本人確認書類、収入証明書もしくは源泉徴収票を持参するようにします。

融資額が100万円以内であれば、収入証明書の提示が不要の場合もありますので、銀行カードローンを提供する会社のホームページや電話で確認します。

収入証明書が不要の場合は、本人確認書類だけで審査ができるので、スピーディにカードを受け取れます

インターネットでの申し込みに関する注意点

インターネットからの申込の場合、当日利用を考えている人は、ネットでの融資サービスが利用できるかを確認しておくことが大切です。

ネットでの融資サービスは、銀行カードローンのカード発行がなくても所定の審査に通過した時点で、お金を借り入れられるサービスです。

また、窓口でカードを受け取ることを指定すれば、その日のうちに指定の窓口に出向きカードを受け取ることもできます。窓口やローン契約機の場合は、その場でカードが発行されるため、大変便利ですし、即日融資も受けられます。

カードローン審査と年収

sinsa-img15

融資限度額について

銀行カードローンの融資限度額は、主に年収と借入件数によって審査されます。

審査の際に提出する収入証明書を基に、融資希望額まで限度額を設定できるかどうかが判断されます。しかし、年収が少ないから融資希望額が自動的に少なくなるわけではありません。

融資希望額は借り入れ件数等によっても左右されます。

幾つものカードローンから借り入れをしているとすれば、返済が重なるため融資する側は慎重になります。もし借り入れがない場合、毎月決まった額の収入を得られることが明らかであれば、融資額も多くすることができます。

カードローン審査は収入証明書は絶対必要?

融資額によっては収入証明書が必要ない場合もありますが、ある程度まとまった資金の融資を受けたい場合には、年収を証明する収入証明書の提示が求められます。

収入証明書が提出されると、銀行カードローンの審査が行われ、融資額が決定されます。収入証明書を提出する理由は、カードローン利用者に支払い能力があるかどうかを確かめるためです。

自営業の収入証明書について

収入証明書は自営業者の場合、確定申告の写し納税証明書が必要になります。

確定申告書の写しを提出する場合には、税務署の承認印が押されたものを使用します。

承認印が押されていることで、確定申告額が正しいことを証明できるからです。納税証明書は市役所や町村役場で交付されます。

サラリーマンの収入証明書について

サラリーマンの場合、源泉徴収票月の給与明細の写しでも可能です。報酬がはっきりわかるものを添付することが大切です。

カードローン審査と職業

銀行カードローンを申し込む場合、職業を記入する欄が設けられています。

しかしながら、銀行カードローンの審査に通過するためには、定職に就いていなければいけないというわけではありませんアルバイトパートタイム専業主婦であっても銀行カードローンを申し込むことができますし、審査に通っている人たちも多くいます。また学生であっても同様です。

定職についてなくても申し込めるカードローン

日常生活で必要な融資額の範囲であれば、定職についていなくても審査に通る可能性が高くなります。見分ける際のポイントは、学生や専業主婦でも申し込みができるカードをアピールしているかどうかです。

収入証明書がなくても申し込めるので、家族に知られる心配もありませんし、目的を達成するために資金を有効活用することもできます。

定職についてたらどういう利点があるの?

サラリーマンなどの定職に就いている方であれば、与信枠をさらに広げることもできます。目的別に併せて500万円までの与信枠を付与されるケースもありますから、ローンの目的を明確にして計画的に利用することで、生活に有利に活用できます。

そのため、与信枠を大きくしたい場合には、定職に就いていることが必要不可欠です。

アルバイトやパートタイムの場合収入が少なく、カードローンの審査に通らないと思っている方もいるかもしれませんが、学生や主婦でも申し込めるカードローンであれば、問題なく申し込むことができます。

与信枠に制限がありますが、いざというときの出費を賄う分は十分に借入れることができます。注意したいのは、借りすぎないことです。

カードローンを上手に利用し、生活を潤す方法

分相応という言葉日本にはありますが、確かにこれは立派な考え方だと思います。誰にも迷惑がかかりませんし、自分の出来る範囲で生活をしていけば、人生が破綻するようなリスクも起こりにくいと言えます。

ただ、その反面、与えられたチャンスを見逃している事があるのも事実。たとえば目の前に、これさえやれば確実に大きなお金が稼げるという大きな機会があるとしましょう。

そしてお金を欲しくないという人はいないと思いますので、これを手にしないのはつまりチャンスを自分から手放している事になります。

日本人の謙虚な生き方というのは、非常に美しい反面、冒険が出来ないため、みな平均値から抜け出す事が出来ずにいる事実もまた否定できないはずです。そして多くの場合、その足止めをしているのが、お金だと思います。

お金さえあれば、お金さえあれば、、、何度この言葉を発して来たか分かりませんし、多くの人が口にしているのも見て来ました。

銀行カードローン・消費者金融系カードローンを上手に使って、そのチャンスを見逃さないようにしましょう。

このサイトをしっかりと読んでカードローン審査に対する知識を付けましょう。

銀行カードローンに対する不安

カードローンというと私は、初めはなんとなくですが不安というイメージがありました。特に不安や恐怖などが強い人なので、絶対にカードローンなどには手を出さないようにしようと決めていました。

実際は、勝手な自分のイメージだけがそうしていただけでした。

お金を借りること、それはチャンスだと思った時があり、これを逃してはいけないと感じたからです。なぜ不安に感じるかという話ですが、それは仕組みを理解していないからだと思います。

カードローンに限らず、人間は知らないものにたいして不安を感じるものなので、しっかりと仕組みを理解し、毎月支払う金額を把握してれば、まったく怖がる事はありません。

むしろ一度、利用することを経験したらすごく便利で、不安に感じていた自分が馬鹿らしくなるほど簡単に便利にお金を借りる事が出来ます。
だから、こんなにカードローンが普及しているのだと実感しました。

便利で使いやすいからこそ、こんなに普及しみんな使っているのですね。

毎月支払える事が出来れば何の問題はありません

簡単に言うと、目の前にチャンスがある。お金がない。それならお金を借りれば良い。しかし、それは自分のお金ではないから、お金を持っている人に借りなければいけない。

貸してくれるのだから、金利と呼ばれる利子を払わなければならない。それで融資してくれる方にもメリットが生まれ、ビジネスとして成り立つからです。

金利は銀行など各社によって違いますので、それぞれ確認すれば良いだけですし、カードローンの審査さえ通れば、あとはリポ払いのように徐々に減って行くタイプか、普通のカードローンのように、毎月決まった額を返済していくかを自分の生活にあわせて選ぶだけです。

-カードローン審査関係

Copyright© できるキャッシングWEB , 2016 AllRights Reserved.